育毛を始める前に薄毛のメカニズムを知っておこう


髪が細くなってきたら薄毛のサイン

髪の毛は、ヘアサイクルがあるということを知っていたでしょうか。髪の毛はある一定の期間が経つと、自然に抜け落ちて新たに抜け落ちたところから生えてきます。これを生まれてからずっと繰り返しているというのです。個人差はありますが、平均4~6年で髪の毛は生え変わります。これはヘアサイクルと呼ばれています。このヘアサイクルで新しく生えてくる髪の毛が、今までよりも細くなってきたら薄毛のサインになり、髪の成長力が鈍ってきているということを表しています。誰しも若い頃と比べると全体的に毛量は少なくなっていきますが、以前よりも頭皮が見えやすくなったりしてきたら、髪の毛が細くなった証拠でもあるので薄毛対策にとりかかる合図になるようです。

抜け毛の正常な本数を知っておこう

薄毛が気になりだしたら、毎日のシャンプーや寝起きの時の抜け毛もさらに気にしてしまうものです。人間にはヘアサイクルがあり必ず髪の毛は1日に50~100本抜け落ちます。これは正常の範囲なので特に心配する必要はありません。しかし、短期間のうちに抜け毛が目に見えて多くなった、同じ個所ばかり抜け毛が多かったり、特に細い髪の毛ばかりだったりする場合は、加齢現象や生理現象ではなく、何らかの原因が存在すると考えられますので、早めに受診して原因を取り除いたほうがよいでしょう。抜け毛のメカニズムを理解しておけば、抜け毛は毎日あって当たり前ですので気にする必要はありません。しかし抜け毛の観察はしっかりとしておきましょう。髪の毛が細かったり、短い髪の毛ばかりぬけていないかチェックしておき、該当するようであれば育毛対策を考える頃合いといえそうです。

安心して使える女性の育毛剤は含まれる成分の特徴や効果を比較し、頭皮に影響を及ぼさないように決めることが大事です。